携帯電話の歴史について

NTT_DoCoMo_FOMA_P706imu_openiphone

1970年代

初めて携帯電話が登場したのは、1970年。日本万国博覧会で「電話線不要のワイヤレスフォン」として展示実演。重量約550g!
当初の携帯電話はアナログ方式で、自動車電話として使用。

1985年
電電公社が民営化してNTTとなる。
NTTがショルダーホンを発売。

1987年
携帯電話機が小型化されて発売。初めて携帯電話と呼ばれるようになる。
初期モデルの携帯電話は約900gもの重さ。

1988年
日本移動通信、DDIセルラーグループ各社が新しく参入。
携帯電話から国際通話サービスを開始。

1989年
DDIセルラーがモトローラ・マイクロタックを発売。
ドコモも対抗し、movaを開発。

1990年
携帯電話のキャッチホンサービスが開始。

1991年
デジタルホンが参入。

1992年
NTTよりNTT移動通信網各社へ分社化。

1993年
ドコモが、初めてデジタル方式携帯電話サービスを開始。

1994年
携帯電話機の買取制度開始。
デジタルホングループ、ツーカーグループ新規参入。
携帯電話が一般的に普及する。

1996年
ドコモのデジタルムーバが、初めて着信メロディ機能が搭載。

1997年
デジタルホングループ、初のショートメッセージサービスであるスカイウォーカーを導入。
各社でショートメールサービスが開始。

1998年
DDIセルラーがcdmaOneを開始。

1999年
携帯電話、PHS番号を11桁化。
ドコモとIDO、アナログ方式を終了。
デジタルホン・デジタルツーカーグループが統合。社名がJ-フォン株式会社になる。
iモード、EZweb、J-スカイなど、インターネット接続サービス開始。
J-フォンから初のカラー液晶の端末が発売。

2000年
アナログ方式は全てのキャリアでサービスが終了。
10月1日にKDD・DDI・IDOが合併し、KDDIが誕生。
沖縄セルラーを除いたDDIセルラーグループ各社が株式会社auに統合する。
J-フォンは初のカメラ付き携帯電話を発売。

2001年
KDDIが株式会社auを吸収合併。
ドコモはFOMAを開始。
J-PHONE「写メール」サービスを開始。

2002年
携帯電話の番号に「080」が追加。
ドコモが、iショットサービスを開始。
J-フォン、ボーダフォングローバルスタンダード を開始。

2003年
ドコモは、FOMAを発売。
J-フォン株式会社は社名をボーダフォン株式会社に変更。

2004年
ドコモはiモード災害用伝言板サービスをスタート。
携帯でお買い物ができるシステム「おサイフケータイ」が登場。

2005年
ツーカーグループがKDDIへ吸収合併。

2006年
ワンセグ開始。
KDDI ツーカーが新規受付を終了。
ドコモがHSDPAを開始。
ボーダフォン株式会社が社名をソフトバンクモバイル株式会社に変更。
番号ポータビリティ制度開始。

2007年
新規参入となるのは13年ぶり。イー・モバイルが、EMモバイルブロードバンドを開始。

2008年
KDDI ツーカー事業がサービス終了。
NTTドコモグループが統合。

2010年
ソフトバンクモバイルがPDCサービス終了。
ドコモがXi(クロッシー)をLTE方式でスタート。

2012年
ドコモがPDC方式のサービスを終了

こうして様々なサービスが開始し終了しています。

今では未来のアイテムとして考えられていたボタンのないケータイが普通に使われています。

ボタンがないといっても画面内にあってタッチパネルなんですけどね。

今度はホログラムで作られたケータイが当たり前になるんでしょうか。

また携帯電話を取り巻く環境としては、普通の電化製品のように個人からの買取、販売、リサイクルなども当てはまるんでしょうか。

携帯電話の買取に関する参考サイト

初めて携帯電話が販売された当初は普通の電化製品でもリサイクルという概念はそうそうもたれていなかったでしょう。

携帯電話のことならまかせろい