中古の携帯電話ってどうなの?

本来、携帯電話は新品で購入して、何年か使用していき、形が古くなったり、新機種が発売されたら機種交換をする…という感じでしたが、今では中古の携帯電話が世間に広がり、携帯電話購入の周期に変化がみられるようになりました。

 

その原因の一つとして、料金プランが変更したことがあげられます。

少し前までは、携帯電話の端末価格が1円〜数百円などで販売されたりしていました。

それは端末代金を月額使用料で補うというしくみになっていたために出来たことで、今現在はそれによって携帯の端末代金の補足をすることが中止になりました。

それに伴い、携帯電話の端末代金はきっちり支払い、その分月額使用料を安くする…ということになりました。

その結果、携帯電話の端末価格があまり下がらなくなったため、新品購入の周期が変わってしまったと考えられます。

欲しい端末があったとしても、半年では価格あまり下がることがなく、新作が発表されたら、古い方から端末はなくなってしまいます。

ですので、買う時期が難しくなります。

 

この状況に変化をもたらしたのが、中古の携帯電話端末です。

新品の携帯電話だと端末価格が4万円〜7万円くらいします。

それに対し、中古品だと1万円〜3万円くらいで購入できるので、中古の携帯電話はかなりお得感があると言えるでしょう。

中古品とはいいますが、近頃の中古の携帯電話は買取り基準というものがあり、それに符合するものだけが売られます。

ですので、付属品もそろう状態も良い綺麗なものが一般的です。

しかし、中古品ですのでほとんどの携帯に細かい傷などはあると思います。

では、中古の携帯電話にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

まず、初めに考えられるのが、端末価格がお手頃ということです。

これが最大のメリットだといえるでしょう。

新品で購入すると4万円〜7万くらいはかかります。

その上価格があまり下りません。

その状況から購入を躊躇しまっている間に新作が発表されると、欲しかった端末が店頭から無くなってしまう…ということがあるようです。

 

それ以外のメリットとして、使用中の端末が急に故障してしまったり、不注意からの水没で使用できなくなったりした時などの、急な出費というのは正直厳しいと思います。

こういう状況の中で、中古の携帯電話の場合ですと、価格が安いので、機種変更が比較的気軽にできます。

そして、近年注目をあびている問題として、環境問題(エコロジーやエコノミー)がよく取り上げられていますが、以前まで携帯電話はそのようなエコには全く関わっていませんでした。

機種変更をした後も、今まで使っていた古い端末は回収されず、もう使うこともないのに手元に残っていました。

それを改善するため、不要端末は回収されて再び販売されることで、リデュース、リユース、リサイクル(3R)
のビジネスになりました。

エコを考えるととても良いことですから、積極的に活用していってもらいたいことですね。

携帯電話のことならまかせろい