携帯電話による交通違反について

携帯電話等の急速な普及により、携帯電話等使用中の交通事故が急増してしまいました。その対処のために1999年度に「運転中の携帯電話等の使用に関する罰則の強化」という法律が改定されました。

法律改正により、自動車を運転している時に携帯電話等を手に持ったまま通話することや、手に持っている携帯電話等の画面に表示された内容を注視して、道路上で危険を生じさせた場合などに、5万円以下の罰金が科される事に規定されました。

検挙された場合、処分として運転免許の点数が1点…それに反則金が加算され、原動機付自転車の場合¥5,000、普通車と自動二輪車の場合¥6,000、大型車の場合¥7,000を罰金として支払うこととなります。

これまでに述べたことが、運転している最中の携帯電話の利用に関係する概要ですが、それでは、交通違反として取締りを受けることになるのは、どういうことなのかを解説していきたいと思います。

注意したいポイントとしては携帯電話等の「等」がついていることにあります。携帯電話だけではなく、カーナビゲーションやカーステレオ…その他、ディスプレイが機能としてあるものが対象になります。

法律改正前までは、信号待ちの時や、渋滞している時など、停車中であれば携帯電話等を使用しても問題ないという傾向にありましたが、信号待ちの時や渋滞中は、停車中ではありますが、いつ動き出すかわからない状態なので、取り締まりを受けてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。以前とは異なり、今現在では、停車中であっても信号待ちの時や渋滞中などは交通違反として罰則を受けるほど、取り締まりが強化されました。ですので、車内での携帯電話等の使用はできるだけ避けたほうが良いでしょう。
その対処方法としては、自動車を運転する際は、携帯電話がならないようにしておきましょう。
どうしても自動車の運転中に利用しなければならない状況になった場合は、ハンズフリーなどを上手く利用して、できるかぎり携帯電話を手に持たずに通話できるようにした方が良いといえるでしょう。
ただ、都道府県条例でイヤホンマイクでの通話が禁止されている地域もありますので注意しましょう。
都道府県条例によって、イヤホンマイク禁止の地域は、茨城、群馬、東京、神奈川、山梨、長野、滋賀、鳥取、島根、徳島、香川、愛媛、高知、熊本です。使用自体は認めているものの、外部の音が遮断されているとみなされた場合に違反になるのが、千葉、富山、山口、福岡です。

自動車に乗っている時に携帯電話等を使用しても問題ない状況というのは、自動車が確実に停車している時だけです。ですので、自動車を停車できる場所での使用あれば取り締まりを受けることはありません。

携帯電話のことならまかせろい