携帯電話の故障ランキング

携帯電話の故障のよくある原因について考えてみましょう。

よくある原因No.1…破損、変形

携帯電話をおしりのポケットに入れた状態で、座ったりしゃがんだりすると、かなり強い圧力がかかります。
また、満員電車で押し合い状態の時は、鞄の中の携帯電話も、文庫本や手帳などから圧力がかかってきます。これがら原因で、携帯内部の基板が変形してしまったり、液晶が壊れる場合があります。
携帯電話は衝撃に弱いため、落としたりぶつけたりすると、外見は何もなってなくても内部が故障している場合があります。
携帯電話に強い衝撃や圧力を与えてしまった時は、各キャリアの窓口で点検を依頼してください。
保証期間内であっても、破損による故障の修理は有料となってしまいます。
また、外見は破損していない場合でも、内部が故障している場合は修理ができないことがあります。
携帯電話は精密機械ですので、無理な圧力がかからないように、お取扱いにはくれぐれもご注意ください。

よくある原因No.2…水濡れ

発汗時、衣類は思ってる以上に湿気を含みます。その湿気がポケットに入れている携帯電話に浸透することで、水濡れにより故障してしまうことがあります。また、ポケットに入れていて、トイレで落としてしまう…という事例もよくあります。
携帯電話にとって、雨は天敵…雨が降っている時に繰り返し使用していると、故障の原因になります。
あと、携帯電話をドリンクホルダーに置くと、冷風が直接当たることで結露を起こし、内部に水滴が付着してしまう場合があります。
携帯電話が、濡れたり湿気を帯びてしまった時は、直ちに電源を切ります。そして電池パックを本体からはずして、各キャリアの窓口で相談してください。もし、水濡れの場合は、修理ができない場合があります。
携帯電話は一部対応機種を除き、防水機能などはついていないため、水分や湿気の多い環境では使用しない方が良いといえるでしょう。

よくある原因No.3…電池・充電編

炎天下の夏場の車中はとてつもない高温になります。携帯電話をその高温の中、長い時間置いておくと、電池パックの液漏れ、発熱、破裂、発火、劣化といったことが起きる場合があります。
電池パックやアダプターは、必ず各キャリア指定のものを使用してください。指定品以外を使うと、携帯本体や電池パックが故障する原因になります。
また、充電が少ないため、充電しながらアプリや通話、TV電話をしていませんか?充電しなが携帯電話を使用することを繰り返していると、電池パックの寿命が短くなってしまう可能性があります。
電池パックに液漏れや発熱などが発生した時はすぐに使用を中止し、各キャリアの窓口へお持ちください。液漏れした液体は引火しの原因となります。
電池パックは劣化すると、膨らむ傾向があります。リチウムイオン電池の特性で安全上問題はないようです。
電池パックに傷や衝撃を与えないようにしましょう。
充電するタイミングとして、電池残量表示が残り1になってから、充電することをおすすめします。また、充電する場所の適正温度は5℃~35℃です。
1回の使用時間が購入時と比べて半分程になった場所、電池パックの寿命である可能性があります。

 

早めに交換しましょう。

携帯電話のことならまかせろい