携帯電話を買取に出すには

携帯電話の買取を利用する場合に気を付けなければいけないことがあります。

それはどういったことなのでしょうか?

 

まず買取を依頼される携帯電話は、電話帳のメモリや写真データ、音楽、アプリその他の個人データを完全に消去した状態で買取に出さなければいけません。

必要なデータのバックアップを必ず取って、端末の初期化を必ずご自身で行ってください。

初期化やアプリの削除等がされていない場合、査定に時間が掛かってしまったり、買取額が大幅に減額されたり場合によっては買取を断わられる場合があるので注意しましょう。

 

まず、端末の初期化を行いましょう。

端末の初期化機能(リセットや消去機能、オールリセット)などを使って、端末の初期化を行います。

これで、メールやアドレス帳などのデータを削除することができます。

買取業者の方で再度、消去作業を行うのが普通ですが、より安全・安心に買取を利用するために、自分で必ず初期化しておきましょう。

次に、暗証番号も初期設定へ戻しておきましょう。

端末の暗証番号を変更している場合は、初期設定へ戻しておいて下さい。

端末の初期化を行った場合でも、暗証番号が初期設定に戻らない場合があります。

必ず一度確認しておきましょう。

 

そして、ICアプリの削除も忘れずに行いましょう。

おさいふケータイなど、ICチップの機能を利用したアプリの削除は、登録時のSIMカードが装着された状態でないと削除できないようになっています。

例えば、ICアプリが残った状態で買取に出してしまうと、他のSIMカードを使用する際、ICアプリの利用が制限されてしまうことがあります。

そうなってしまうと、ICアプリの削除が完了していない端末は、買取を断られてしまう場合もあるので注意が必要です。

その他には、外部メモリ(microSDカードなど)を取り外しておいて下さい。

 

商品同梱の外部メモリー(microSDカードなど)は査定対象には含まれない事がほとんどです。

査定に関係のない外部メモリーを一緒に買取に出しても廃棄されるだけですから、買取を利用する場合は商品から抜きとり、同梱しないように注意しましょう。

※もしも誤って同梱してしまった場合は、買取業者の方で廃棄されてしまうこともあるようです。

大切な思い出の写真や様々なデータを失くしてしまうことにならないように気をつけましょう。

 

SIMカード(USIMカード、FOMAカード、auICカードなど)も取り外して、白ロム携帯にした状態にしておきましょう。

白ロムとは、携帯電話の電池パックの裏に挿入されているSIMカードと呼ばれるチップが抜かれた状態の携帯電話のことを言います。

このチップには、携帯電話の契約者の電話番号やメールアドレス等の個人識別情報が入っています。

 

そして、買取を利用する場合は、必ず身分証明書が必要となります。

18歳未満の方は、身分証以外に保護者の同意書が必ず必要となります(保護者へ電話確認を行う場合があります)

携帯電話のことならまかせろい